敬老パスは高齢者の

健康・くらし・

生きがいの足


高齢者の社会参加、

外出支援のための

敬老パスを!

 

これ以上負担割合を上げないでください!

カテゴリー :敬老パスを守る会 お知らせ   
投稿日 : 2008-11-30

 敬老パスを守る連絡会は25日、市議会に「『敬老優待乗車証』の負担増に反対する陳情書」を提出しました。
 要旨は「利用上限引き上げによる、利用者負担割合を上げないでください」と、現行の最高負担割合20%以上に上げないでほしいという要請です。この日は敬老パス連絡会のほか地区労連、新婦人札幌協議会、道生連など11の団体陳情を提出しました。
 提出に先立って、議会各会派へ「福祉灯油実施を」の陳情と共に要請してまわりました。
 また、市役所前での福祉灯油実施の宣伝と共に、竹中代表が「利用額を上げるが、負担も上げるというやり方は高齢者に優しくない」と訴えました。

 ※なおその後の新聞報道では、市議会からの批判も受けたため、市側は当初案の6万円カード23%、7万円カード25%の負担案は、わずかながら引き下げる案を市議会に提示する方向です。

敬老パス通信95(PDF 227kb)

 


 

札幌敬老パスを守る連絡協議会
TEL 011−823−0867 FAX 011−821−3701
〒003-0803 札幌市白石区菊水3条3丁目井上ビル
E-mail:s-syaho@kin-ikyo.or.jp

 

Copyright(c)2005 - 札幌敬老パスを守る連絡協議会 本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。