敬老パスは高齢者の

健康・くらし・

生きがいの足


高齢者の社会参加、

外出支援のための

敬老パスを!

 

敬老カード上限額引き上げ早期実施を!−「来年度実施は無理」の回答

カテゴリー :敬老パスを守る会 資料   
投稿日 : 2007-11-08

「札幌敬老パスを守る連絡会」は、11/2に市の保健福祉部長・高齢福祉課と、〃貧轡ード上限引き上げを08年度から実施、負担金を定率にすべき、9睥霄圓琉娶を聞くこと、について話し合いました。
限度額引き上げについての回答
 仝妥抒曚琉き上げだけでなく、その場合の負担額・率をどうするかなども多くの人の意見、議会の意見なども聞かなければならないので、すぐには実施できない。⊆駄嚇にもすでに来年度の準備を進めている段階で、変えることは無理である。財政の問題ではない。
08年10月実施などはできないのか
 交付の実務、負担金をどうするかなど、かなりむずかしい。
負担金問題の回答
 5万円を超えるカードの負担率を25%にする案などを検討しているが、どの程度にするかは議論の上で決まる。負担金導入時にも議論を経て今の累進型に決まっているので、すぐに定率にするということも難しいのではないか。
意見を聞くこと
 11月に高齢者意識調査などを実施(高齢者6,000人若年層4000人)するので、そこに敬老カードの設問も入れたい。

敬老パス通信92(PDFファイル255kb) 

 


 

札幌敬老パスを守る連絡協議会
TEL 011−823−0867 FAX 011−821−3701
〒003-0803 札幌市白石区菊水3条3丁目井上ビル
E-mail:s-syaho@kin-ikyo.or.jp

 

Copyright(c)2005 - 札幌敬老パスを守る連絡協議会 本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。